選考の際の合同説明会の重要性

合同説明会は大規模なイベント会場などを利用して行われる複数の企業による説明会です。参加企業はブースを作り、約10分から1時間ほどの短時間で企業活動の概要について説明を行います。
合同の説明会に参加する求職者は主に卒業予定の学生や転職希望者です。

志望企業が未決定の求職者たちに様々な企業の存在を知ってもらうことが合同説明会の目的となります。

合同による説明会の後は各企業が個別の説明会を開催することになります。

最近何かと話題の合同説明会の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

個別説明会は一般的に2時間ほどの長い時間をかけて詳細な企業活動の説明を行うものです。

その際にはエントリーシートを配布し、提出が求められることもあります。基本的に合同説明会では企業の概要を知ってもらうだけですが、個別説明会はそこからさらに進んで選考を受けるための説明会になります。



しかし合同で行われる説明会が選考に影響しないというわけではありません。

求職者の選考を行う企業が最も重視しているのが志望度です。

大阪の合同説明会について知りたいならこのサイトです。

合同の説明会の場合にも、参加者は企業の人事担当者に自身の氏名を記入したコミュニケーションカードの提出を求められることがあります。

求職者がどの程度その企業への熱意を持っているかを判断するために合同説明会や懇親会、OBへの訪問、個別説明会などで出席状況の確認が行われることがあるのです。当然のことながら志望度の高い、強い熱意を持った求職者ほど選考では高く評価されることになります。


また合同説明会でも求職者のビジネスマナーが観察され、後の選考に影響を及ぼします。

たんに企業の概要を知るだけではなく、選考の1つの基準ともなる重要なイベントなのです。